今注目の選手!!ポルトガルで輝きを放ってる『中島翔哉』とは?〜なぜ日本で活躍できなかった彼がポルトガルで輝いているのか〜




こんにちは。

今回は友人からリクエストがあったので、今ポルトガルリーグで輝きを放っている、ポルティモネンセSCに所属している中島翔哉について書きたいと思います。

きっかけはこれ。

http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20180201-OHT1T50084.html

正解ですよね。

活躍してるっていってももまだ海外に出て半年。ポルトガル国内ならまだしも他の国移籍して、行った先で試合出られませんってなったら意味ないですもんね。しかもこれからの半年で活躍したら、価値が更に上がることも期待したのでしょう。笑

ちなみに、この選手は、アンダーの世代から将来を期待されていた選手で、オリンピック代表では常にエースとして結果を残してきた彼は、東京ヴェルディ、カターレ富山、FC東京では、目立った活躍・結果を残せませんでした

その彼が、なぜ今ポルトガルリーグで活躍できているのか?

自分なりの見解を書いてみたので、興味がある人は見てみてください。

 

中島翔哉について


  • 身長:164㎝
  • 体重:64kg
  • ポジション:MF、FW
  • 利き足:右

所属・代表歴

  • 2004年 – 2006年 ヴェルディジュニア
  • 2007年 – 2009年 東京ヴェルディジュニアユース
  • 2010年 – 2012年 東京ヴェルディユース
  • U-16日本代表候補
  • U-17日本代表 2011年:スロバキアカップ、U-17ワールドカップ
  • U-19日本代表 2013年:アルクディア国際ユースサッカートーナメント
  • U-21日本代表 2014年:U-22アジアカップ、アジア競技大会
  • U-22日本代表 2015年:AFC U-23選手権2016 (予選)
  • U-23日本代表 2016年:AFC U-23選手権2016 キリンチャレンジカップ リオデジャネイロオリンピック
  • 日本代表候補 2017年:2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選予備登録

 

完全にエリート街道ひた走ってきた選手ですね。

 

これまでの成績


2012−2013 東京ヴェルディ:33試合出場6ゴール

2014−2017 FC東京     :51試合出場6ゴール

2014      カターレ富山  :30試合2ゴール

2014−2016 U-21/22/23代表:30試合19ゴール

2016     AFC U-23アジア選手権MVP

2017−   ポルティモネンセSC:16試合8ゴール(2月3日現在)

代表とポルトガルリーグに移籍した後の成績は飛び抜けてますよね。

単純にJリーグの水が合わなかっただけなのか?

チームの戦術?監督?

言い出せばきりがないですが、結果だけを見ればそうとしか言えない結果になってますね。

 

プレーの特徴


この選手の特徴としてよく挙げられるのは、パンチ力のあるシュートドリブルでしょうか。技術もしっかりしており、テクニックが抜群でファーストタッチがかなり上手いです。あのC大阪の清武も『こいつめっちゃ巧いな』と言っていたそうです。

スピードはそれほどではないのですが、ファーストタッチの一瞬で相手を置き去りにしたり、細かい繊細なボールタッチで相手の逆をついたりして左サイドからカットインしてズドン!!みたいなのが彼の一番多いパターンでしょうか。

その他にも運動量豊富で、けっこう守備にも奔走する姿は、オリンピック代表戦でもよく見られていました。

マイナス面でよく言われるのが、ドリブルでボールを持ちすぎて相手に囲まれて取られるというもの。玉離れが悪い。僕自身もこっちのイメージが強くて、あまりイメージは良くない部類の選手でした。

しかし、しっかり活躍してますよね。代表とポルトガルでは・・・

もちろん18歳の2種登録の時にハットトリックしたり、J2の年間ベストゴールに選ばれたものもあったりと光るものは随所に出してはいました。しかし、コンスタントにとはいきませんでした。

では、なぜJリーグでは活躍できなかったのか?

 

なぜJリーグで輝きを放てなかったか?


この辺は謎でした。オリンピック代表の時も代表戦では活躍するも、所属チームでは活躍できずと言う状態が続いていました。

なぜだこのような状態に陥ったのでしょうか?

おそらく、所属チームの監督の戦術との相性みたいなものが存在していたのではないかと考えられます。

調べてみると、東京ヴェルディ、カターレ富山、FC東京と当時率いていた監督の戦術等を見てみると、かなりの確率で、パスサッカー、つまりポゼッションを高めるサッカーをベースにしているチームが多かったです。

ちなみに、当時の監督は・・・

  1. 東京ヴェルディ時代:高橋真一郎、三浦泰年
  2. カターレ富山:安間貴義
  3. FC東京:マッシモ・フィッカデンティ、城福浩、篠田善之

一応調べてみるとちょっとずつ違いはあるにせよ、何となくパスを繋ぐのがベースのサッカーをしてますね。

対してU-23オリンピック代表を率いた手倉森監督の基本戦術は、堅守をベースにして、速攻をしかけるリアクションサッカーでした。

Jリーグでは、ポゼッション志向の監督ばかりのチームでプレーしており、彼がドリブルを仕掛けるためのスペースがほとんどなかったことや、相手の体勢が整った状態でのドリブル突破ばかりになっていたのではないでしょうか?しかも相手からしたら巧いのがわかっているので、ボールをもったらすぐ囲まれていたのではないでしょうか?

カターレ富山時代は、特にそうだったのではないでしょうか?1人だけレベルが浮いており、相手に常にマークされるような状態。さらに相性の悪いポゼッションサッカー志向の監督。

これが中島翔哉がJリーグでは活躍できなかった理由だと思われます。

じゃあ適応できなかった中島が悪いというような感じになりそうですが、まあそれを言ってしまうと元も子もなくなってしまうので今はそれはなしにしましょう。笑

 

スポンサーリンク



 

ポルトガルリーグのポルティモネンセSCで活躍できている理由


ではこれはなぜでしょうか?

これはポルトガルリーグ自体の特徴によるところが大きいと思います。

ポルトガルのリーグは、とにかくドリブラーが多い所らしいです。サイドのアタッカーがどんどん仕掛けるのが、かなり見所みたいですね。

3トップで仕掛けるスタイルのチームが多く、更にブラジル人が多くテクニックに秀でた選手が多く、サポーターもそういうサッカーを期待しており、1対1で仕掛けることは、当たり前のようなリーグのようです。

リーグの特徴からも中島翔哉が活きそうな感じがしますよね。

 

ポルトガルから他リーグへ移籍した有名選手


ちなみにポルトガルリーグから移籍した有名選手は・・・

  • クリスティアーノロナウド
  • ナニ
  • フッキ
  • ファルカオ
  • ディマリア
  • カゼミーロ
  • ハメスロドリゲス
  • チアゴシウバ
  • ルイスフィーゴ
  • ジエゴコスタ

もっとたくさんの有名アタッカーやドリブラーはいましたが、一番皆さん知ってそうな所だとこんな感じですね。

 

今後中島翔哉が移籍するなら?


では今後移籍するなら、どこの国が良いのか考えてみました。

恐らく、同じ3トップのチームが多く仕掛ける選手が多いオランダリーグや、タイプは違いますが、同じドリブラーの乾が活躍しているスペインリーグも攻撃に魅力のあるチームが多いので活躍できる可能性があると思います。

逆に日本人が多く活躍するドイツは、駄目な気がします。乾も最初ドイツにいましたが、現在のスペインにいる時のような活躍は出来てませんでした。また、ドリブラータイプで言えば宇佐美も2回目のドイツ挑戦ですが、ほとんど活躍できていません。

またイングランドやフランスはけっこうフィジカル的な要素が強かったり、イタリアはガチガチな戦術要素が強いリーグなのでうまくいかないような感じがします。

なので移籍するなら、同じポルトガル国内か、オランダ、スペイン辺りが良い気がしますね。

 

最後に


いかがでしたか?

なんとなくリクエストに応えてみましたが、調べてみたら、その選手の特徴や監督との相性等色々な要素が組合わさっている部分があるんだなということがわかりました。

もちろん元々能力のある選手なので、宇佐美同様、どんな環境下でも活躍できるようにしていってほしいですね。

日本になかなかいないタイプの選手なので余計期待してしまいます。

今後の中島翔哉選手の活躍に期待しましょう。

もしよろしかったらその他の記事も見てみてください

https://www.tomoki-jikokanrireha.com/category/サッカー/

最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です