J1リーグ注目の若手2019年度版〜活躍を期待されるJ1チーム所属の新人・若手選手〜

こんにちは。

2019年も若手の注目選手を紹介したいともいます。

各チーム1〜2人に絞って注目の若手を紹介したいと思います。

主に今年入団した選手や、昨年紹介しなかった選手の紹介が主になると思います。

移籍してチームが変わった選手は紹介するかもしれません。

今後の日本代表に選ばれる逸材もいるかもしれません。

また、2020年東京五輪に出場する選手たちも何人もいると思います。

是非皆さんもお気に入りの選手を見つけてみてください。

 

2018シーズンの注目の若手選手はこちらになります。

J1編

2018年Jリーグ 注目の若手はこの選手だ!!J1編

J2編

2018年注目の若手はこの選手だ!!J2編

 

興味ある方は是非ご覧ください。

では早速いってみたいと思います。

 

 

コンサドーレ札幌

 

檀崎竜孔

2018年度選手権優勝の青森山田から加入したドリブラー。2018年プレミアリーグでゴールを量産した選手。

プロの中で彼のドリブルがどこまで通用するか未知数ですが、ドリブルで仕掛けられる選手は貴重だと思うので、期待したいです。

ルーキーイヤーなので、出場機会は限られるとは思いますが、是非チャンスが来たら活かしてほしいですね。

岩崎悠人

京都サンガから移籍してきた20歳のスピードスター。

昨シーズンは京都で34試合に出場し2ゴール、U-19ワールドカップでも活躍しました。

初のJ1リーグの挑戦で、おそらくシャドーの位置で使われると思います。

どのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。

 

ベガルタ仙台

 

田中渉

群馬の桐生第一高校から入団のルーキー。169㎝と小柄ながら抜群のパスセンスを兼ね備えてると言われているレフティー。

おそらくベガルタでもボランチでの起用になると思います。

既に攻撃面では一定の評価を貰っているだけに、守備力を向上させて、スタメンへのアピールを続けていきたいところ。

吉尾海夏

今シーズン横浜Fマリノスから期限付き移籍の20歳。プロ3年目を迎えて、ベガルタへ期限付き移籍した選手。

インサイドハーフもしくはシャドーで使われると思われます。

こちらも小柄ながら、抜群のテクニックとボールキープが出来る選手です。

昨シーズンプレーしていた、野津田選手の後釜とみられており、期待値も高いようです。

 

鹿島アントラーズ

 

平戸太貴(➜町田ゼルビアへ完全移籍)

2017、2018シーズンは期限付き移籍により町田でプレーしていた選手です。

プロ4年目で改めて鹿島での挑戦が始まります。

昨シーズンはリーグ戦40試合に出場し、8ゴール17アシストと結果を残した。

身体の強さや守備の部分はまだまだ課題とされていますが、キックの精度に関しては一見の価値ありです。

小笠原の抜けたボランチで輝くことが出来るのか注目です。

関川郁万

流経大柏から加入したルーキー。

身長はそれほど高くないが、ヘディングの強さは一級品です。

DFとしてのポジショニングにはまだまだ課題は残りますが、プロの環境に慣れれば、一気に化ける可能性のある選手。

植田、昌子の抜けたディフェンスラインに新しく君臨することが出来るか、今後の成長が楽しみな選手です。

 

浦和レッズ

 

汰木康也

山形から移籍してきたドリブラー。

マリノスユース時代にはクラブユース選手権優勝、MVPを獲得したことのある選手。

2015年山形がJ1に昇格した際には1試合の出場しか出来なかった。

今回は浦和で出場機会をつかめるのか注目しましょう。

 

FC東京

 

平川怜(➜鹿児島ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍)

FC東京期待のミッドフィールダー。

高校2年でプロ契約し、今年で3シーズン目のになります。

2017年にはU-17ワールドカップで3試合に出場し、チームの決勝トーナメント進出に貢献した。

昨シーズンは主にU-23チームでの出場が多かったが、今シーズンは是非トップチームに絡んでほしい選手。

 

 

川崎フロンターレ

 

宮代大聖(➜レノファ山口へ期限付き移籍)

川崎フロンターレで初めて高校3年生でプロ契約を交わした選手。

まだ公式戦の出場は果たしていないが、2017年Uー17ワールドカップで2ゴール、2018年には一つカテゴリーが上のAFC U-19選手権に出場し、2試合連続ゴールでグループリーグ突破に貢献しています。

注目はチャンスを決めきる決定力と言われています。強心臓を持ってそうですね。

層が厚く、熟練者の揃っている川崎の攻撃陣で出場機会を得るのは難しいかもしれないが、今後の川崎のエース候補で知っていても良い選手だと思います。

 

横浜F・マリノス

 

山田康太

昨シーズンルーキーながらリーグ戦8試合1ゴール、カップ戦7試合に出場した注目株。

本職はトップ下やインサイドハーフですが、右サイドバックで起用されたりと不慣れなポジションも出来る器用さも持っています。

技術があり決定的なパスが出来る選手として紹介されています。

今シーズンは同じポジションに、川崎から期限付きで加入した三好選手がいますが、その牙城を崩して、昨シーズンよりも出場機会を得ることが出来るか注目です。

 

 

湘南ベルマーレ

 

齊藤未月

現在20歳ながらすでにリーグ戦50試合出場の経験がある選手です。昨シーズンはJ1リーグ初ゴールを記録しています。

現在のU-19代表でもキャプテンとして活躍しており、U-19代表でもなくてはならない存在になっています。

今シーズンはU-20ワールドカップもあり、更なる飛躍を期待されるシーズンになるでしょう。

鈴木冬一

セレッソU-18から高校3年生になるタイミングで長崎総科大付属に移籍し、今シーズンから湘南でプレーする選手。

U-17日本代表として世界で戦った彼は、自分の足りない部分を求めて、厳しい環境に飛び込むという選択をしました。

誰よりも自分がどうすれば成長することが出来るか考えられる選手だと思います。

湘南の厳しい環境で揉まれることで、更なる成長が期待できると思います。

 

松本山雅FC

 

杉本太郎

今シーズン鹿島から完全移籍で加入した22歳。ここ2シーズンはJ2徳島でプレーしており、久しぶりのJ1でのプレーになります。

個人としては、2012年にAFCのU-16MVPに選ばれています。

元々将来を期待されていたプレーヤーなので、ポテンシャルは高いものがあります。

プレースタイルは、確かなテクニックを駆使しながら、パスとムービングを繰り返す選手で、回りとの相性が合えば活躍できる選手だと思います。

 

 

清水エスパルス

 

松原 后

清水の左サイドバックに君臨する22歳(今年23歳)。

元々FWの選手なだけあって攻撃力は折り紙付きです。

代表にも呼ばれるかもしれない注目のサイドバックです。

日本代表や海外挑戦も視野に入れているだけに、今シーズンは更なる飛躍を目指したシーズンになるでしょう。

 

 

ジュビロ磐田

 

大南拓磨

プロ3年目の昨シーズンは、リーグ終盤にレギュラーポジションを掴み、カップ戦、天皇杯を合わせると13試合に出場した。

身長は184センチで競り合いに強いのが特徴です。

東京オリンピック代表候補でもある選手なので、今シーズンは是が非でもレギュラーに定着していきたい所。

リーグ最終戦で味わった悔しさを糧に更なる成長をし、ジュビロにとってなくてはならない選手になれるか注目です。

 

名古屋グランパス

 

相馬勇紀(➜鹿島アントラーズへ期限付き移籍)

昨シーズンは早稲田大学から特別指定選手として、9試合に出場した。

結果1ゴール3アシスト(ゴールを演出したプレーも多数)を記録し、出場した9試合を負けなし(8勝1分け)という結果を残し、残留の立役者と言ってよい活躍をした。

特徴はスピードのあるドリブルと高精度のクロス。今シーズンも不敗神話が続くのか注目です。

 

ガンバ大阪

 

高宇洋

昨シーズン中盤に、宮本監督になってからボランチの位置で12試合(先発7試合)に起用され、2アシストを記録。

今野の復帰とともに出場機会は、減っていったが、宮本監督の中では遠藤や今野の後釜として考えられている選手の一人ではないでしょうか。

3年目になる今シーズンは、ある意味勝負の年かもしれませんね。

活躍を期待しましょう。

野田裕喜(➜山形へ育成型期限付き移籍)

プロ4年目を迎える今シーズンから背番号が16から2に変わり期待の高さが伺える選手です。

ただまだJ1での出場はない。それを考えると出場がなく一桁の背番号は、宮本監督の期待の表れか。

昨シーズンセンターバックのレギュラーだったファビオがいなくなっているので、その空いた穴を埋められるのか?

注目してみていきたい選手です。

 

セレッソ大阪

 

瀬古歩夢

チーム最年少の今年19歳になるルーキー。

と言っても16歳のころから2種登録でトップチームで試合経験も積んでいる、セレッソ大阪期待の選手。

J1ではまだ出場機会はないが、J3では3年間で28試合1ゴールを記録しています、U-19代表でも主力の選手です。

今までの2種登録と違い、プロ契約を交わしてから始めてのシーズンになります。

今シーズンは監督が変わるので、アピール次第ではチャンスがあると思うので、注目の選手です。

 

ヴィッセル神戸

 

小林友希(➜町田ゼルビアへ期限付き移籍)

今シーズンユースから昇格した、U-19日本代表にも選ばれている選手。

昨シーズンは2種登録選手として2試合に出場した。

今年のヴィッセルの選手層を見ると、明らかにディフェンス(特にセンターバック)の層が薄く感じます。

U-20ワールドカップ出場の為に是が非でも出場機会を得たいところですね。

初瀬亮

プロ4年目を迎える今シーズンは、積極補強を敢行しているヴィッセル神戸でシーズンを迎えます。

サイドバックの構図的には、若手対ベテランのような構図になっており、左右どちらのサイドバックもこなせる初瀬選手は、重宝されやすいでしょう。

ガンバ時代は藤春、オジェソクの壁をなかなか崩せなかったが、一度代表にも召集されておりポテンシャルは折り紙付きです。

新生ヴィッセルで出場機会を得て飛躍の年にしたいところ。

 

サンフレッチェ広島

 

松本泰志

プロ3年目の今シーズンは背番号が32から17に変更されたことからも、期待の高さが伺えます。

ポジションは中盤のポジションならどこでも可能みたいですが、年代別代表ではボランチを務めることが多いようです。

パスやドリブルなどはかなり高い評価を得ているので、課題としている状況判断を磨いて、青山、稲垣の両ボランチの牙城を崩せるか注目しましょう。

 

サガン鳥栖

 

原輝綺

今シーズンアルビレックスから移籍加入した20歳。U-20代表に選ばれている選手でもあります。

ルーキー時代からコンスタントに試合に出ており、守備的なポジションならどこでもこなせる選手で、アルビレックス時代もボランチ、サイドバックで起用されていました。

ポジション的には元代表の高橋秀人選手との争いになるかもしれませんね。

攻撃陣に注目が集まりがちのチームですが、是非この選手にも注目してみてください。

 

大分トリニータ

 

小島亨介

今シーズンから大分に加入したルーキー。U-16から年代別代表に常に招集されており、東京五輪を目指すチームの主力を務めているGK。

足元の技術が高い、現代型のGKと言われています。大分のOBで現浦和の西川のプレースタイルに近い感じでしょう。

もちろんセービング技術にも定評があります。

今シーズンJ1に戻ってきた大分で出場機会を得られれば、さらなる成長が期待できる選手。

伊藤涼太郎

プロ4年目を迎える今シーズンは久しぶりのJ1の舞台でのプレーになります。

浦和で出場機会を掴めず、水戸に期限付き移籍した2018シーズンに先発20試合、途中出場14試合で9ゴール4アシストを記録した。

東京五輪出場を目指すためには、今シーズンJ1の舞台で結果を残すことが必要不可欠になります。

元々ポテンシャルは高い選手なので、きっかけを掴めば一気に化ける可能性がある選手。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

昨シーズンは紹介していなかった選手や新人選手を中心に、個人的に注目している選手を選んで紹介しました。

東京五輪出場を考えるとやはり所属チームで出場機会を得ることが、選ばれる一番の近道になると思います。

皆さんも若いお気に入りの選手を見つけてみてくださいね。

 

紹介していた選手がけっこう期限付き移籍で他チームへ移籍していましたね。(笑)

 

2019シーズンJ2編

J2リーグ注目の若手2019年度版〜活躍を期待されるJ2チーム所属の新人・若手選手〜

 

Jリーグで働いている理学療法士やトレーナーの方の数も調べています。

宜しければこちらも是非ご覧ください。

Jリーグチームのトレーナーは各チーム何人くらいいるの???~Jリーグで活躍する理学療法士・トレーナー 2019年度編~

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


理学療法ランキング

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です