超異例のシーズンが開始!2020シーズンのみの特例ルール!!2019シーズンとの違いについて!

こんにちは。

2020シーズンのJリーグが遂に再開されました。

J1リーグは7月4日土曜日から。

J2、J3リーグは6月27日から。

コロナウイルスの心配はまだまだありますが、やっと日本にもスポーツが戻ってきたという感じですね。

 

さて、Jリーグが再開するに当たって、2020シーズンのみ採用が決まった特例ルールについてご存知でしょうか?

今回は、その特例ルールについてみていきたいと思います。

参考サイトはこちらになります。

https://www.jleague.jp/special/restart/effortstorestart/rules.html

興味ある方は是非ご覧ください。

 

画像の引用元はこちらになります。

Tania DimasによるPixabayからの画像

 

 

開催期間について

開催期間が下記にようになりました。

・J1リーグ: 2月21日(金)~12月19日(土)
・J2リーグ: 2月23日(日)~12月20日(日)
・J3リーグ: 6月27日(土)・28日(日)~12月20日(日)

日程終了日時が変更となっています。

 

選手交代について

 

通常1試合3名までとされています。

2020シーズンは1試合5名まで交代が認められています。

但し、交代回数は3回までとします。

3回のうちハーフタイムは含まないようです。

 

5人まで交代できるので、より選手層の厚いチームが試合を優位に進める可能性がありますね。

 

2020シーズンにおけるJリーグ昇格・降格について

 

・J1、J2ともに下位チームの降格は行わない。もちろんプレーオフも実施しない。

・J2、J3リーグ各上位2チームはJ1、J2リーグへ昇格する。

 *ただしクラブライセンスの交付を受けていないチームが上位2チームに入ると昇格は行われない。(1チームだけライセンスを持っている場合1チームのみ昇格)

・リーグ戦は、それぞれのリーグにおける年間予定総試合数の75%以上が開催され、かつ当該リーグの全てのクラブについて年間予定総試合数の50%以上が開催された場合に成立するものとする。(もし成立しなかった場合昇格もなしになります。)

 

降格しないということは、監督交代をしてチーム戦術が浸透していないチームはラッキーかもしれませんね。

 

試合の選手エントリーについて

 

・指定された検査を受けコロナウイルス陰性判定を受けている。

・エントリー時点で体温が37.5度未満であること

・いわゆる濃厚接触者の認定や入国制限地域からの入国等により、公的機関から自宅待機等の指示を受けている状態でないこと。

この辺りに関しては、この状況では当然かもしれませんね。

 

VARについて

 

これに関してはかなり議論がされたのではないでしょうか?

2020シーズンは過密日程による、審判の負担軽減の為、VARの導入は見送られることとなりました。

賛否あるとは思いますが、際どいシーンでのミスジャッジが頻発しないことをただただ祈るのみですね。

 

年間順位決定方式について

 

2020シーズンは、同勝ち点で並んだ際の順位決定の方法が少し変更となっています。

【変更前の順位決定方法】

  1. 全試合の得失点差
  2. 全試合の総得点数
  3. 該当するJクラブ間の対戦成績
    (勝ち点>得失点差>総得点数)
  4. 全試合の反則ポイント
  5. 抽選

 

【変更後の順位決定方法】

  1. 全試合の得失点差
  2. 該当するJクラブ間の対戦成績 
    (勝ち点>得失点差>総得点数)
    (H&Aの2試合実施の場合のみ)
  3. 全試合の勝利数 
  4. 全試合の総得点数
  5. 全試合の反則ポイント
  6. 抽選

 

いつもと順番が変わっているのと、全試合の勝利数という項目が追加されています。

総得点の重要度が下がったということは、試合数が全チーム同じにならない可能性があるという事なのでしょう。

 

Jリーグ、ルヴァンカップの賞金減額

 

今回のコロナウイルスの影響で、賞金関係は通常の50%に減額となったようです。

これはかなり大きいですね。

入場収入も減り、賞金も減ったとなれば、2021シーズンに向けての補強は、外からというより、新人を以下に取るのかという部分にウエイトが置かれそうです。

毎年あった主力の移籍は、もしかしたら少なくなるかもしれませんね。

 

U-21選手出場奨励ルール

 

2020シーズンJ2とJ3で導入が予定されていた制度のようです。

U-21年代日本人選手の出場時間に基準値を決め、その基準値を超えたチームに奨励金が出る予定だったそうですが、2020シーズンは無送られることとなったようです。

 

2020ルヴァンカップの大会方式の変更につて

 

ルヴァンカップにおいても、再開にあたって4つの変更がありました。

  1. 現状の大会方式から、プレーオフステージを廃止、グループステージを1回戦総当たりのリーグ戦に変更し、各グループの1位チームの4チームと2位チーム内の上位1チームおよびAFCチャンピオンズリーグ出場3チームの計8チームにて1試合制のトーナメント戦によるプライムステージを行う大会方式に変更
  2. Bグループの松本はグループステージ第2節以降の試合を実施しない。
    松本は、クラブ数の多いJ2リーグを戦う日程の都合から、第2節以降の試合を実施しない。
    そのため、Bグループは、3チーム(仙台、浦和、C大阪)で1回戦総当たりのリーグ戦を行う。
  3. 選手の交代は5名以内(交代回数はハーフタイムを除き3回まで) 。ただし、延長戦を行う場合、その直前の90分間の交代人数と合わせて、最大6名までの選手交代を行うことが可能(延長戦の場合は交代回数も1回追加)
  4. U-21先発ルール(2020年12月31日において満年齢21歳以下の日本国籍選手を1名以上先発に含める)の撤廃編の

 

どうしても過密日程になるので、この変更は致し方ないのかなという感じがします。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

今回は、2020シーズンの試合方式、ルールの変更について紹介しました。

2020シーズンはコロナの影響で色々レギュレーションの変更が余儀なくされています。

 

その中でも降格がないというのは異例だと思います。

降格がないため、各チーム若手を起用したり、チーム戦術の成熟をするために、多少結果が出なくても、監督交代が起きることが少なくなるかもしれません。

 

例年であれば、監督交代はどこのチームでも起こっていますしね。

今シーズンはどれくらいの監督交代があるのか・・・

ちなみに2019年はJ1で9回、J2で6回の監督交代がありました。

今年は少なくなるのか?密かな注目ポイントかな?と思います。

 

2020シーズンの個人的な注目の新人・若手選手も紹介しているのでこちらも是非ご覧ください。

J1リーグ注目の若手2020年度版〜活躍を期待されるJ1チーム所属の新人・若手選手〜

J2リーグ注目の若手2020年度版〜活躍を期待されるJ2チーム所属の新人・若手選手〜

東京五輪世代よりも逸材揃い???パリ五輪世代注目のサッカー選手

 

2019-2020年シーズンから採用されたサッカーの新ルールとは?~新たに加えられた・変更された13個のルールを解説します~

 

「期限付き移籍」と「育成型期限付き移籍」の違いについて~期限付き移籍を経て活躍した選手も併せて紹介しました~

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


理学療法ランキング

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です