2018年ロシアワールドカップの出場を逃した選手達 〜今後活躍を期待する10人の選手達〜




こんにちは。

もうすぐロシアワールドカップが始まります。

なのでしばらくワールドカップモードです!笑

今回は2018ロシアワールドカップを逃した選手の中からベストイレブン+αを選んでみました。

興味ある方は是非見てみてください。

出来る限り1カ国1選手縛りで作っています。

では始めます!!!

 

 

ヤン・オブラク(スロベニア代表)

 

Jan Oblakさん(@oblakjan)がシェアした投稿

アトレティコマドリード所属、スロベニア代表のゴールキーパー

2015ー16シーズンでは38試合で失点18という驚異的な数字を残した

ワールカップ予選は10試合で失点7と健闘したが、結果はグループ4位となり予選敗退となりました。

スタイルは積極的に飛び出すようなスタイルではありません。

しかしシュートストップが抜群で、現在世界最高レベルと言って良いと思います。

まだ25歳。

次のワールドカップは一番脂がのっているときだと思うので、これからの活躍に期待しましょう。

 

ガレス・ベイル(ウェールズ代表)

ウェールズ代表でレアルマドリード所属のガレス・ベイル。

現在28歳で今年で29歳のフォワード。

デビュー当時は左サイドバックで活躍したが、徐々にポジションが前に移動。

現在の攻撃的なポジションになった。

圧倒的なスピードの持ち主で2015年の測定だが、ドリブル時の速度は36.9km/hで世界最速と言われている。

チャンピオンズリーグ決勝でのオーバーヘッドキックでのシュートは記憶に新しい。

今回は期待されながらも突破は出来なかった。

次のワールドカップ時は33歳。

現在のレベルを維持しているかどうかはわからないが、今後も注目したい選手。

 

クリスチャン・プシリッチ(アメリカ代表)

アメリカ代表で、現在ドイツのドルトムント所属の19歳

19歳にしてアメリカ代表の中心で、すでに20試合9ゴールを記録している。

攻撃のポジションならどこでもこなせる選手で、テクニックが素晴らしく、パス、シュート、ドリブルとすべてが高次元の選手。

次のワールドカップ時でもまだ23歳で、間違いなく主役候補になります。

今後注目してみてください。

 

ナビ・ケイタ(ギニア代表)

ギニア代表で来シーズンからリバプールでプレーすることが決まっている選手です。

現在23歳のこの選手は、ハードワークもできて、攻撃の能力も高いかなりポテンシャルが高い選手です。

今後リバプールでどのような活躍を見せるのか?

次回のワールドカップまでまだまだ成長過程の選手から目が離せませんね。

 

マルコ・ヴェッラッティ(イタリア代表)

 

Marco Verrattiさん(@marco_verratti92)がシェアした投稿

パリサンジェルマン所属のイタリア代表ミッドフィールダー

まさかの敗退となったイタリア代表の中盤の要。

バルセロナへの移籍が噂されているがどうなるのか?

次のワールドカップ時には29歳で、少しピークを過ぎているかもしれないが、イタリア代表の中盤に君臨していると思われる選手なので、今後注目してください。

 

ハカン・チャルハノール(トルコ代表)

 

Hakan Çalhanoglu ⚽🔟さん(@hakancalhanoglu)がシェアした投稿

トルコ代表で現在イタリアのACミラン所属。

本田圭佑が着ていた10番を継承した選手。

ドイツの生まれだが、トルコ代表でずっとプレーしている。

2017-2018シーズンは45試合で8ゴールとミランの攻撃を牽引した。

現在24歳で次のワールドカップは28歳。

この選手も注目してくださいね。

 

マタイス・デ・リフト(オランダ代表)

 

Matthijs de Ligtさん(@mdeligt_)がシェアした投稿

オランダでいま最も期待されている選手の1人。

現在アヤックスに所属している18歳。

すでに代表デビューも飾っており、バルセロナも獲得を狙っていたとされる選手。

188㎝のDFは、ディフェンス能力が高いことはもちろんの事、足元の技術がしっかりしており、攻撃の起点にもなれる選手。

次のワールドカップ時にはまだ22歳。

今後約10年ヨーロッパサッカーの中心選手になっていくと思われる逸材と言われているので、是非注目してください。

 

マルティン・ウーデゴール(ノルウェー代表)

 

Martin Ødegaardさん(@odegaard.98)がシェアした投稿

将来ノルウェー代表をしょって立つと言われて15歳で代表デビューを飾った選手。現在19歳。

2015年シーズンにレアルマドリードに移籍し、現在はオランダのヘーレンフェーンで小林祐希と同僚。

今シーズン24試合で2ゴールとまだ活躍出来ているとは言い難いが、今後の成長に期待の選手の一人であることは間違いない。

 

ダヴィド・アラバ(オーストリア代表)

ドイツブンデスリーガのバイエルン所属でオーストリア代表のディフェンダー。

この選手の特徴はゴールキーパー以外ならどのポジションでもこなせる最強のユーティリティープレーヤーと言われています。

フィジカルが強いのはもちろんの事、キックの制度も抜群です。

グアルディオラ監督時代にサッカー脳を鍛えられたことで更なる才能が開花したようですね。

現在25歳でもうすぐ26歳。

次のワールドカップでは30歳になっているが、次のワールドカップでも出場すれば間違いなく注目選手にあげられる選手。

 

リヤド・マフレズ(アルジェリア代表)

https://twitter.com/Mahrez22/status/947903116451688449

 

ハリルホジッチ監督とともにアルジェリア代表で2014年ワールドカップでブレイクした選手の1人。

その後レスター奇跡の優勝の立役者として知られる、サイドアタッカー。

2017年にはアフリカ年間最優秀選手賞を獲得。

現在27歳のアタッカーは次回のワールドカップに向けて歩みを止めていない。

 

最後に

 

いかがでしたか?

現在まだ若い選手から、次回ワールドカップの時にはベテランになっている選手まで、有力チームから発展途上のチームまで様々なチームの有力選手を紹介しました。

今後、これらの選手が今回出られなかった悔しさから、どんな成長を遂げるのか・・・

注目していきましょう。

 

一緒に今回のロシアワールドカップの注目選手もご覧ください。

サッカーを知らない人必見!!〜2018年ロシアワールドカップ直前。この選手たちに注目すれば間違いない!!!20人の選手たち〜

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法ランキング にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です