FIFA W杯グループリーグ終了~グループリーグを突破した国に法則はあるのか検証てみました~




こんにちは。

いよいよ決勝トーナメントが始まりました。

まさか日本が残っているとは思いませんでしたが・・・

どこが優勝するか楽しみですね。

もう半分くらいは外れていますが・・・

大会前の予想です。

果たしてどうなるのか・・・(笑)

ロシアワールドカップ2018優勝するのはどこの国? ~グループリーグから決勝トーナメントまで完全予想~

日本はフェアプレーポイントというもので勝ち上がりを決めました。

最後勝ち上がりを決めた試合はフェアプレーとは言えない部分がありましたが、

この世界は結果が全てです。

次の試合がある方がいいに決まってます。

ちなみに決勝ラウンド上がるのと、敗退になるのでは賞金いくら違うと思います?(笑)

4億違うらしいですよ!!!(笑)

ちなみにフェアプレーポイントって何?って思っている人のために・・・

3試合やってイエローカードやレッドカードが出た数をポイントとして計算するものです。

イエローカードはマイナス1点

レッドカードはマイナス4点となっています。

これで日本はマイナス4点、セネガルがマイナス6点となり勝ち上がりを決めた形になりましたね。

 

本題に戻ろうと思います。

さて、今回はグループリーグのちょっとしたデータをまとめてみました。

ポゼッション、パス成功率、ファール数等々

グループごとに紹介してみようと思うので、よかったらみてみてください!!

 

 

 

グループA

1位:ウルグアイ(3勝)

  • ポゼッション:53%
  • パス成功率:87%
  • ゴール:5(シュート数44)
  • ゴール率:11%
  • ファウル数:33
  • 被ファウル数:42

 

2位:ロシア(2勝1敗)

  • ポゼッション:44%
  • パス成功率:80%
  • ゴール:8(シュート数27)
  • ゴール率:29%
  • ファウル数:51
  • 被ファウル数:37

 

3位:サウジアラビア(1勝2敗)

  • ポゼッション:58%
  • パス成功率:87%
  • ゴール:2(シュート数36)
  • ゴール率:5%
  • ファウル数:30
  • 被ファウル数:45

 

4位:エジプト(3敗)

  • ポゼッション:44%
  • パス成功率:80%
  • ゴール:2(シュート数29)
  • ゴール率:7%
  • ファウル数:38
  • 被ファウル数:21

 

グループB

1位:スペイン(1勝2分)

  • ポゼッション:66%
  • パス成功率:91%
  • ゴール:6(シュート数45)
  • ゴール率:13%
  • ファウル数:29
  • 被ファウル数:42

 

2位:ポルトガル(1勝2分け)

  • ポゼッション:50%
  • パス成功率:85%
  • ゴール:5(シュート数32)
  • ゴール率:15%
  • ファウル数:42
  • 被ファウル数:46

 

3位:イラン(1勝1敗1分)

  • ポゼッション:33%
  • パス成功率:68%
  • ゴール:2(シュート数21)
  • ゴール率:10%
  • ファウル数:44
  • 被ファウル数:45

 

4位:モロッコ(1分2敗)

  • ポゼッション:49%
  • パス成功率:82%
  • ゴール:2(シュート数35)
  • ゴール率:6%
  • ファウル数:62
  • 被ファウル数:36

 

グループC

1位:フランス(2勝1分)

  • ポゼッション:53%
  • パス成功率:85%
  • ゴール:3(シュート数36)
  • ゴール率:8%
  • ファウル数:37
  • 被ファウル数:44

 

2位:デンマーク(1勝2分)

  • ポゼッション:45%
  • パス成功率:82%
  • ゴール:2(シュート数25)
  • ゴール率:8%
  • ファウル数:35
  • 被ファウル数:24

 

3位:ペルー(1勝2敗)

  • ポゼッション:52%
  • パス成功率:82%
  • ゴール:2(シュート数32)
  • ゴール率:6%
  • ファウル数:37
  • 被ファウル数:38

 

4位:オーストラリア(2敗1分)

  • ポゼッション:51%
  • パス成功率:86%
  • ゴール:2(シュート数32)
  • ゴール率:6%
  • ファウル数:37
  • 被ファウル数:30

 

グループD

1位:クロアチア(3勝)

  • ポゼッション:52%
  • パス成功率:84%
  • ゴール:7(シュート数39)
  • ゴール率:18%
  • ファウル数:55
  • 被ファウル数:37

 

2位:アルゼンチン(1勝1敗1分)

  • ポゼッション:66%
  • パス成功率:86%
  • ゴール:3(シュート数44)
  • ゴール率:7%
  • ファウル数:40
  • 被ファウル数:54

 

3位:ナイジェリア(1勝2敗)

  • ポゼッション:46%
  • パス成功率:83%
  • ゴール:3(シュート数39)
  • ゴール率:7%
  • ファウル数:45
  • 被ファウル数:44

 

4位:アイスランド(2敗1分)

  • ポゼッション:36%
  • パス成功率:72%
  • ゴール:2(シュート数36)
  • ゴール率:5%
  • ファウル数:35
  • 被ファウル数:27

 

グループE

1位:ブラジル(2勝1分)

  • ポゼッション:58%
  • パス成功率:89%
  • ゴール:5(シュート数56)
  • ゴール率:9%
  • ファウル数:30
  • 被ファウル数:41

 

2位:スイス(1勝2分)

  • ポゼッション:55%
  • パス成功率:86%
  • ゴール:5(シュート数38)
  • ゴール率:13%
  • ファウル数:40
  • 被ファウル数:42

 

3位:セルビア(1勝2敗)

  • ポゼッション:45%
  • パス成功率:80%
  • ゴール:2(シュート数32)
  • ゴール率:6%
  • ファウル数:45
  • 被ファウル数:37

 

4位:コスタリカ(2敗1分)

  • ポゼッション:41%
  • パス成功率:80%
  • ゴール:2(シュート数28)
  • ゴール率:7%
  • ファウル数:43
  • 被ファウル数:35

 

グループF

1位:スウェーデン(2勝1敗)

  • ポゼッション:38%
  • パス成功率:78%
  • ゴール:5(シュート数36)
  • ゴール率:14%
  • ファウル数:44
  • 被ファウル数:45

 

2位:メキシコ(2勝1敗)

  • ポゼッション:54%
  • パス成功率:85%
  • ゴール:3(シュート数44)
  • ゴール率:7%
  • ファウル数:36
  • 被ファウル数:41

 

3位:韓国(1勝2敗)

  • ポゼッション:39%
  • パス成功率:79%
  • ゴール:3(シュート数33)
  • ゴール率:9%
  • ファウル数:63
  • 被ファウル数:33

 

4位:ドイツ(1勝2敗)

  • ポゼッション:67%
  • パス成功率:89%
  • ゴール:2(シュート数67)
  • ゴール率:3%
  • ファウル数:29
  • 被ファウル数:39

 

グループG

1位:ベルギー(3勝)

  • ポゼッション:55%
  • パス成功率:87%
  • ゴール:9(シュート数53)
  • ゴール率:17%
  • ファウル数:43
  • 被ファウル数:42

 

2位:イングランド(2勝1敗)

  • ポゼッション:54%
  • パス成功率:91%
  • ゴール:8(シュート数42)
  • ゴール率:19%
  • ファウル数:33
  • 被ファウル数:38

 

3位:チュニジア(1勝2敗)

  • ポゼッション:51%
  • パス成功率:84%
  • ゴール:5(シュート数36)
  • ゴール率:14%
  • ファウル数:46
  • 被ファウル数:35

 

4位:パナマ(3敗)

  • ポゼッション:39%
  • パス成功率:83%
  • ゴール:2(シュート数23)
  • ゴール率:8%
  • ファウル数:49
  • 被ファウル数:48

 

グループH

1位:コロンビア(2勝1敗)

  • ポゼッション:51%
  • パス成功率:82%
  • ゴール:5(シュート数25)
  • ゴール率:20%
  • ファウル数:40
  • 被ファウル数:39

 

2位:日本(1勝1敗1分)

  • ポゼッション:56%
  • パス成功率:86%
  • ゴール:4(シュート数31)
  • ゴール率:13%
  • ファウル数:28
  • 被ファウル数:36

 

3位:セネガル(1勝1敗1分)

  • ポゼッション:44%
  • パス成功率:79%
  • ゴール:4(シュート数30)
  • ゴール率:13%
  • ファウル数:44
  • 被ファウル数:30

 

4位:ポーランド(1勝2敗)

  • ポゼッション:49%
  • パス成功率:83%
  • ゴール:2(シュート数30)
  • ゴール率:7%
  • ファウル数:31
  • 被ファウル数:33

 

決勝トーナメントに進んだチームの傾向

  • ポゼッション率50%
  • パス成功率が85%以上
  • ファウル数が40以下
  • 決定率がグループの他のチームより抜き出た結果が出ている

もちろん例外のチームもあります。

 

ポゼッションが49%以下のチームが16チーム中3チーム

  • スウェーデン:38%
  • デンマーク:45%
  • ロシア:44%

 

パス成功率84%以下のチームが16チーム中5チーム

  • スウェーデン:78%
  • デンマーク:82%
  • ロシア:80%
  • クロアチア84%
  • コロンビア:82%

 

ファール数が41以上

  • クロアチア:55
  • スウェーデン:44
  • ベルギー:43
  • ポルトガル:42
  • ロシア:51

 

この辺に出てきているチームのほとんどが決定率が抜きんでています。

デンマーク以外では最低でも14%です。

これは少ないチャンスを確実にものにしているという証拠になります。

デンマークのみ決定率も低いですが、失点がPKのみの失点でした。

 

ちなみにポゼッションが51%以上で敗退したチームは・・・

  • オーストラリ:51
  • サウジアラビア:58
  • チュニジア:51
  • ペルー:52
  • ドイツ:67

 

パス成功率が85%以上で敗退したチームは・・・

  • オーストラリア:86
  • サウジアラビア:87
  • ドイツ:89

 

この辺の敗退チームに共通しているのが決定率が低いということです。

だいたいが5%以下になっていました。

当然と言えば当然なのですが、しっかり決めきる力ということも勝ち上がるには大事な要素になるということです。

 

まとめてみて

 

まとめてみて思ったのが、ポゼッション、パス成功率が高いチームが勝ち上がっている割合が多いです。

(まあそりゃそうだ)と思う部分もありますが・・・

裏を返せば堅守速攻のチームがあまり結果を残せていないということになります。

ボールを持ってしっかりパスを繋いで、更にいうと速攻と遅攻を使い分けているチームがしっかり勝ち上がっているということです。

ということは、ハリルのサッカーと現監督の西野さんのサッカー自体が今回のワールドカップのトレンドにマッチして、日本は勝ち上がれた?という事ですかね?(笑)

あとファールが多いチームはほとんどがグループリーグ敗退しています。

こういうチームは、相手にボールを持たれているということが想像できます。

ポゼッション志向のチームが減っているかと思いましたが・・・

実はポゼッションの質は上がっているのではないでしょうか?

 

最後に

 

いかがでしたか?

意外と見てみると面白い結果となりました。

ただ上にいけばいくほど、どこのチームも完成度が高いので、一つのミスで形勢逆転という事は平気で起きると思うので、目が離せませんね。

その他ワールドカップ関連の記事はこちらになります。

ロシアワールドカップ2018優勝するのはどこの国? ~グループリーグから決勝トーナメントまで完全予想~

サッカーを知らない人必見!!〜2018年ロシアワールドカップ直前。この選手たちに注目すれば間違いない!!!20人の選手たち〜

2018ロシアワールドカップ直前に知っておきたい!!~大会注目の若手選手17人+番外編3人~

ワールドカップで見られるのは最後かも?2018ロシアワールドカップ注目選手~各国のオールド選手12人~

2018年ロシアワールドカップの出場を逃した選手達 〜今後活躍を期待する10人の選手達〜

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法ランキング にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です