痛くなるのは姿勢のせい?踵の成長痛「シーバー(セーバー)病」とは?~その姿勢を意識するストレッチや踵の痛みに対する対症療法も含めて解説します~




こんにちは。

以前リクエストを頂いたので、成長期の子どもに多い痛みについて紹介していきたいと思います。

今回は小学生の高学年くらいになりやすい踵の痛み『シーバー(セーバー)病』についてです。

 

床の上、背もたれのある椅子やソファーにこんな姿勢で長時間座ったり、ゲームしたりしてませんか?

こんな姿勢が成長痛を発生させる要因の一つになっているかもしれません。

最近「踵の痛みがある」、もしくは「子どもが踵が痛いって言っている」というのがあれば読んでみてください。

 

 

シーバー病(セーバー病)ってなに?

 

膝にも成長痛があるように踵にも成長痛があります。

正式名称は踵骨骨端症と呼ばれます。

子どもの成長期の時、踵の骨には軟骨成分がたくさんあります。

その時期に踵の部分に繰り返しのストレスを受けることにより、障害を引き起こします。

成長期の時にはまず骨が急激に伸びていきますので、筋肉や腱がその伸びについていけなくなります。

その時にまだしっかりしていない骨が過剰に引っ張られることで、踵の部分に痛みが出てきてしまいます。

ひどくなると、アキレス腱が踵の骨端線を引っ張って、剥離骨折のような状態になることもあります。

ちょうどこの赤の点線の部分に問題が出ます。

ちなみにこのシーバー病の症状が出る人の約8割の人に偏平足があると言われているようです。

なので偏平足がある場合は偏平足にたいしてもリハビリを行う事が大事になってきます。

扁平足によりアーチが無くなることで足底腱膜が踵を引っ張ることでより症状を増悪させる可能性があります。

下図でいうと、アキレス腱(腓腹筋・ヒラメ筋)は青線、足底腱膜は赤線。雑ですが大体こんな感じでついてます。

扁平足に関しては後日upしようと思います。

 

 

痛みが出たらどうしたら良いのか?

 

痛みは成長が止まってくると同時に治まってくる場合が多いので、あまり休む必要はないのですが、痛くてどうしよもない場合も出てきてしまうのが事実です。

そのようなときは運動は休止した方がよいです。

ただ一番動きたがり時期の子が多いと思います。

なので出来れば休まないでスポーツを続けられれば・・・

と思うと思います。

そんな時まず一番にやろうと思うのは、

アキレス腱やふくらはぎ、足の裏が硬くならないようにストレッチやマッサージをすることではないでしょうか。

アキレス腱やふくらはぎ、足の裏が硬くなることで、骨が引っ張られやすくなるので、ストレッチやマッサージをして柔らかくしておくことはかなり大事になります。

ただこれで改善する場合ばかりではありません。

痛みがなかなか治まらない場合もあるでしょう。

そういうときは休むという選択肢も一つだと思います。

また、他にも・・・

テーピングやインソール、踵にクッションのようなものを入れるなどの対症療法の選択肢になってきます。(これは下の方にやり方等紹介してあります。)

もちろん時期がくればほとんどが治っていく痛みです。

ただ成長が止まっても痛い場合も中にはあります。

また、まだ痛みは出てないけど自分に、もしくは子どもに痛みが出てしまうのではないか?

と思う方もいらっしゃると思います。

そんな事にならないようにするために、すごく大事なやっておくといいことがあります。

 

 

シーバー病にならないためにやっておくといい大事な事

 

それは姿勢を良くすることを意識することが大事になってきます。(これはシーバー病に限らずオスグッド・シュラッタ―病、分離症などにも同じことが言えます。)

要するに猫背にならないようにしたいのです

しかし、悪い姿勢を取ること自体は正直誰にでもあることだと思います。

なので、ずっと良い姿勢をしなければいけないわけではありません。

少しだけ意識する時間を増やしてあげるのです。

子どもなので、携帯ゲーム機でゲームをすることも多いと思います。

その時に15分から30分間隔ぐらいでよいので、肩甲骨を内側に寄せるようにしながら背中を伸ばしてください

そうするだけでも猫背になりにくくなります。

座って良い姿勢を作ったら、お尻の穴に力を入れてみてください

へその下の下っ腹の部分に力が入るのが分かりますか?

こういうことを一日何回かするだけでも姿勢を意識出来ますし、ストレッチや軽い筋トレみたいにもなるのでやってみてください

ではなぜ姿勢が悪いことと踵の痛みが繋がるのでしょうか?

 

姿勢が悪いことと踵の痛みの関係

 

 

背中が丸くなるようにして立ってみてください。

腰も丸くなり、踵の方に体重がたくさんかかっている感じがしませんか?

この状態で常に運動していると考えてみてください。

ただ単に立っている時も、歩く時も、走る時も、常に踵の方に体重がかかっていることになるので、踵が常にストレスを受けてしまいます。

そうなることで、成長過程のまだ弱い骨にストレスがかかりすぎてしまい痛みが出てしまうのです。

例えばこんな姿勢。

背中の丸くなる姿勢をたくさんしている人はこんな姿勢になっていることが多いです。

こういう姿勢になりやすい人は上に書いたように、肩甲骨を内側に寄せるようにしたり、姿勢を意識したりしてみてください。

 

では踵の痛みを予防する(すでにある人もやった方がよいです)ストレッチやエクササイズを紹介していきたいと思います。

 

やった方が良いストレッチ(肩甲骨回り)

 

姿勢を普段から意識しようと思う人はこんなストレッチをやってみてください。

まず両腕を頭の後ろで組みます。

この時肩甲骨を内側に寄せるようにしてみてください。

横に倒します。

今度は両肘を閉じて肘を天井に向けるようにします。

この時背中を意識してみてください。

 

やった方がよいストレッチ、エクササイズ(足首付近)

 

アキレス腱のストレッチ

 

ふくらはぎのマッサージ

サランラップの芯とかゴルフクラブの柄の部分をふくらはぎに当てて上下に動かすと良いです。

他にも自分の膝にふくらはぎをあてるのも良いですよ。

 

足裏のマッサージ

ゴルフボールやテニスボールを使って、足の裏でゴロゴロ転がしたり、踏んだりしてマッサージしてみましょう。

足の裏の色々な場所で踏むと良いです。

 

足首を回す

これは単純に足首を持ってぐるぐる回してあげてください

 

ふくらはぎの筋肉や姿勢を正す時に伸ばすと良い筋肉にハムストリングスや殿筋があります。

ハムストリングスや殿筋のストレッチに関しては、こちらでも紹介しているので参考にしてみてください。

 

ハムストリングスのストレッチ

ストレッチ もも裏(ハムストリングス)編

 

殿筋のストレッチ

腰や股関節の痛みはお尻の筋肉が硬いのかも?簡単に出来るストレッチ〜股関節後面・殿筋編〜

 

では次に即時的に痛みを和らげる可能性のあるテーピングやインソール、ヒールカップの紹介をしようと思います。

 

セーバー病に対する道具を使った対策

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3663667/

こちらの文献では,セーバー病について書かれています。

これによると、

テーピングをすることでアキレス腱が踵の引っ張りを軽減させたり、インソールを使用することで、測定をサポートし、足底腱膜や踵への負担を軽減させます。

またヒールパッドを使用し踵の衝撃を吸収したり、踵が高くなることにより、アキレス腱にかかる負担を減らすことも対策の一つとなります。

あくまで対症療法(治すものではない)となりますので、本当に治療するってなったら、リハビリのある整形外科の受診をお勧めします。

 

テーピング

これはアキレス腱から腓腹筋の補助テープみたいな感じですね。

 

①うつ伏せで下の図のようにすねに何かクッションを入れて力を抜いた状態で、踵から真っすぐ膝裏に向かって1本張ります。

②次に踵から外くるぶしを通ってふくらはぎの内側に向かって1本テープを張ります。

③最後に②の逆で内側からふくらはぎの外側に向かってテープを張ります。

これで完成!!

 

こういうのを紹介している人もいます。

アーチのサポートみたいな感じです。

動画なのでわかりやすいと思います。

テーピングは下のようなキネシオロジーテープを使うと良いです。

ドラッグストアやスポーツ店にも売っています。

3M(スリーエム) キネシオロジー テーピング マルチポアスポーツ レギュラー 50mm 6巻 274350

新品価格
¥2,376から
(2018/5/14 06:44時点)

 

3M(スリーエム) キネシオロジー テーピング マルチポアスポーツ レギュラー 50mm 1巻 2743BLP50

新品価格
¥827から
(2018/5/14 06:45時点)

インソールやヒールパッド

一応こんなのあるよって紹介はします。

ただすべての人がこれをしたから改善されるわけではないので、まずは近くの整形外科などで相談して、痛みの原因が何なのかはっきりさせてから、インソールやヒールパッドを付けるかどうかは判断してください。

 

インソール

これに関しては、サイズが子供用しかなかったので足が大きいとないかもしれません。

APHROS 3Dバランスインソール 子供用(15.0~22.0cm)

新品価格
¥3,240から
(2018/5/14 06:02時点)

 

あと踵のクッションがあるのだとこんなものがあります。

インソール 人体工学に基づいた衝撃吸収ゲルインソール (S ( 19cm~23cm )

新品価格
¥850から
(2018/5/14 06:28時点)

 

踵のクッションはないですが、扁平足の人がインソールでアーチ(土踏まず)をサポートしたいときなんかはこんなのがあります

MIZUNO(ミズノ) 発育インソール (アスリートタイプ) 8ZA11114 Lサイズ

新品価格
¥942から
(2018/5/14 06:31時点)

参考までに見てみてください。

ヒールパッド

これだとスポーツしててもずれにくいかもしれません。

高品質 round sports かかとカバー ソックス サポーター スポーツ サッカー ジュニア 剣道 ウォーキング シルク パッド かかと保護インソール シリコン 中敷き 足裏の痛み 足底筋膜炎 足裂 かかとの痛みを緩和 角質 ひび割れ かかとケア つるつる 保湿 男性/女性適用

新品価格
¥1,380から
(2018/5/14 05:57時点)

 

(ミズノ)Mizuno バイオギアサポーター(ジュニアかかと用) 50MS100 50MS100 03 ブラック JF

新品価格
¥2,830から
(2018/5/17 22:48時点)

痛みが取れなくて悩んでる人や、痛いけど運動は休みたくない人なんかは一度試してみてください。

 

最後に

 

いかがでしたか?

今回はシーバー病(セーバー病、踵骨骨端症)を紹介しました。

成長痛と呼ばれるものは原因が人それぞれ違う場合も多いので、もし可能であれば、理学療法士のいる整形外科を受診してみてください。

痛みの改善のヒントがもらえるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


理学療法ランキング

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です