意外と知らない?Jリーガーの給料は?プロ野球選手との比較や日本サッカー選手と海外サッカー選手の違い

こんにちは。

今回はJリーガーってぶっちゃけいくら貰ってるの?

って心の中で思っていてもなかなか踏み込めないお金の事情について解説していきたいと思います。

 

Jリーガーの年俸はもちろん、J1、J2、J3、JFLでどのくらい違うのか?

また、各クラブごとでどれくらい違うのか。

さらには、海外にいる日本人や、各国の年俸事情まで詳しく見ていきたいと思います。

 

興味ある方は是非ご覧になってみてください。

では、よろしくお願い致します。

 

 

Jリーガーってぶっちゃけいくら貰っているの?(2020年現在)

 

すぐに本題いきます。(笑)

J1チームの平均年俸・・・3446万円

J2チームの平均年俸・・・400~440万円

J3チームの平均年俸・・・???(高くても300~400万円、低いと・・・)

JFLチーム所属選手・・・300万円前後

 

これをみてもらうとわかりますが、J1、J2、J3での格差が凄いです。

もちろんJ2チームの中にはJ1規模の資金力を有しているクラブもあるので、一概には言えませんが、格差がかなりあることがわかると思います。

J3のチームはプロ契約3人以上と書かれているので、3人いればあとはアマチュアでも良いわけです。

当然3人だとライセンスもJ3用のものしか交付されないので、上には行けませんが、それだけ、財政的に厳しいチームが多いという事が伺えます。

あと・・・

Jリーグは年収の上限は決まっていますが、下限は決まっていません。。。

ということは、とんでもない低い年収でプレーしている選手もいるかもしれないということです。

 

それを見ると企業チームのJFLに所属している選手は、お金の面では幸せなのかもしれません。

 

ちなみに・・・プロ野球の全チームの平均年収は・・・

4189万円でした。

若干野球の方が高くなっています。(支配下登録727人)

サッカーは566人なので若干野球選手の方が多いですが、

Jリーガーの平均年俸を爆上げしている選手が1人いるので、実際には、野球選手の方が給料的にはしっかりしていると思います。

 

Jリーガー年俸ランキング(1億円以上)

 

では、Jリーガーの年俸ランキング移っていきます。

全選手は多すぎるので・・・

1億円以上のプレーヤーに限定しています。

 

1位.32億5000万円:アンドレス・イニエスタ,36歳,MF,ヴィッセル神戸

2位.5億円:トーマス・フェルマーレン,34歳,DF,ヴィッセル神戸

3位.2億円:ランゲラック,32歳,GK,名古屋グランパス

3位.2億円:ドウグラス,32歳,FW,ヴィッセル神戸

5位.1億4000万円:酒井高徳,29歳,DF,ヴィッセル神戸

6位.1億2000万円:中村憲剛,39歳,MF,川崎フロンターレ

6位.1億2000万円:家長昭博,34歳,FW・MF,川崎フロンターレ

8位.1億円:以下14人(年齢別)

  • 遠藤保仁,40歳,MF,ガンバ大阪
  • 西川周作,34歳,GK,浦和レッズ
  • 槙野智章,33歳,DF,浦和レッズ
  • 小林悠,33歳,FW,川崎フロンターレ
  • キムジンヒョン,33歳,GK,セレッソ大阪
  • 柏木陽介,32歳,MF,浦和レッズ
  • レアンドロ・ダミアン,31歳,FW,川崎フロンターレ
  • キム・ヨングォン,30歳,DF,ガンバ大阪
  • 清武弘嗣,30歳,MF,セレッソ大阪
  • ダンクレ―,28歳,DF,ヴィッセル神戸
  • ジョアン・シミッチ,27歳,MF,名古屋グランパス
  • ガブリエル・シャビエル,27歳,MF,名古屋グランパス
  • 杉本健勇,27歳,FW,浦和レッズ
  • 昌子源,27歳,DF,ガンバ大阪

 

これをみるとヴィッセル神戸がかけているお金が半端ないことがわかりますね。

あとわかることは、海外から来た選手や、そのチームで結果を残し続けているベテラン選手は、年俸もそれに準じて上がっています。

 

こんな選手たちが活躍している試合を見てみませんか?

DAZNでは全てのJリーグの試合が見られます。

もしDAZN契約を迷っている方がいれば、比較記事もあるので是非こちらもご覧ください。

サッカー見るならどこで見るのが良い?DAZN・スカパー・WOWOWサッカー配信サイトを徹底比較 

 

ちなみに野球選手のトップ5は以下になります。

1位.6億5000万円,菅野智之投手,巨人

2位.5億7000万円,柳田悠岐外野手,ソフトバンク

3位.5億円,以下3人

  • 浅村栄斗内野手,楽天
  • 坂本勇人内野手,巨人
  • 山田哲人内野手,ヤクルト

6位.4億6000万円,森唯斗投手,ソフトバンク

7位.4億5000万円,松田宣浩内野手,ソフトバンク

7位.4億5000万円,丸佳浩外野手,巨人

上から高い金額から数えて5番目まで表示してあります。

やはりプロ野球の世界の方が年俸的にはたくさんもらえているのがわかります。

 

DAZNはプロ野球の試合も見られるの知っていますか?

知らなかった方は是非加入を検討してみてください。

 

では次にサッカー選手の中でも、海外のチームに所属している日本人選手の年俸を見ていきましょう。

 

海外のチームに所属する日本人サッカー選手の年俸

  • 長谷部誠(フランクフルト:ドイツ):6億円
  • 久保建英(ビジャレアル:スペイン):3億1000万円(2020-2021)
  • 南野拓実(リヴァプール:イングランド):1億3000万円(ザルツブルク時代:2019シーズン開始時)➡約3億円と言われている
  • 武藤嘉紀(エイバル:スペイン):約4億円(2019-2020)➡???
  • 乾貴士(エイバル:スペイン):3億円
  • 原口元気(ハノーファー:ドイツ):2億6000万円???
  • 中島翔哉(ポルト:ポルトガル):4億円(カタール時代:2018-2019)➡減額??2億5000万円
  • 大迫勇也(ブレーメン:ドイツ):1億8000万円(ケルン時代:2017-2018)➡2億円以上(詳細不明)
  • 塩谷司(アルアイン:UAE):2億円
  • 遠藤航(シュツットガルト:ドイツ):1億5000万円以上(←シントトロイデン時代から考えると現在はそれ以上の年俸と思われます)
  • 吉田麻也(サンプドリア:イタリア):3億9000万円(サウサンプトン時代:2018-2019)➡約1億5000万円前後
  • 伊藤達哉(シントトロイデン:ベルギー):1億3000万円
  • 長友佑都(マルセイユ:フランス):2億4000万(トルコ時代:2019-2020)➡減額は確実、約1億前後???
  • 堂安律(ビーレフェルト:ドイツ):4000万円(フローニンゲン時代:2018-2019)➡約1億???(PSV)➡ドイツ???
  • 柴崎岳(レガネス:スペイン):1億円(ヘタフェ時代:2017-2018)➡???
  • 鈴木武蔵(ベールスホット:ベルギー):4000万円(札幌時代)➡約1億円?
  • 森岡亮太(シャルルロワSC:ベルギー):8000万円
  • 冨安健洋(ボローニャ:イタリア):7500万円
  • 鈴木優磨(シントトロイデン:ベルギー):4500万円
  • 伊東純也(ヘンク:ベルギー):???
  • 鎌田大地(フランクフルト:ドイツ):???

 

海外に行くとやはりどの選手もぐっと年俸があがります。

Jリーグでは、1000万以下から高くても5000万を超えていない選手がほとんどになっています。

海外に行くとほとんどの選手が倍以上の年俸を手にしています。

 

もちろん海外のチームからオファーがある場合は年俸も上がる可能性が高くなります。

なので、しっかり日本で結果を残し海外に移籍することは、自分の価値を高める意味でもすごく大切なことになります。

 

ちなみに・・・

アメリカで活躍する日本人大リーガーはいくら貰っているのでしょうか?

田中将大:2300万ドル・・・約24億円

ダルビッシュ有:2200万ドル・・・約23億円

菊池雄星:1400万ドル・・・約14億円

秋山翔吾:600万ドル・・・約6億3000万円

筒香嘉智:500万ドル・・・約5億4000万円

山口俊:317万ドル・・・約3億3000万円

前田健太:300万ドル・・・約3億1000万円

平野佳寿:160万ドル・・・約1億7000万円

大谷翔平:70万ドル・・・約7300万円

日本人大リーガーでもトップになると、ものすごい額ですね。

トップ3の田中、ダルビッシュ、菊池はサッカーの海外トップクラス選手と同等の金額を貰っていますね。

 

海外サッカー選手年俸ランキング(2020年)

 

では海外のトップに君臨するサッカー選手はいったいいくら貰っているのでしょうか?

もうこれに関しては桁が違います。(笑)

ただ税抜き後の年俸なのか、税金が含まれた年俸なのかははっきりしていません。

 

金額の違いですが、日本とはサッカー自体の歴史が全然違うので、ある意味当然かもしれません。

ただいずれ日本人プレーヤーもこういう場に肩を並べる時が来てほしいですね。

海外サッカー選手の年俸で有名選手に絞って紹介します。

 

9200万ドル:約97億円

リオネル・メッシ

 

7800万ドル:約82億円

ネイマール(パリサンジェルマン)

 

3600万ドル:約38億円

クリスティアーノ・ロナウド

 

2800万ドル:約30億円

アントワーヌ・グリエーズマン(バルセロナ)

ポール・ポグバ(マンチェスターユナイテッド)

キリアン・ムバッペ(パリサンジェルマン)

 

2400万ドル:約25億円

ダビド・デ・ヘア(マンチェスターユナイテッド)

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルンミュンヘン)

モハメド・サラー(リヴァプール)

 

2300万ドル:約24億円

ガレス・ベイル(トットナム)

 

ただ海外選手の年俸に関しては、実は正確な報道がされていない場合が多いと言われています。

なので確実にあっているかと言われるとそうとは言い切れないので、その辺はご了承ください。

また税金が含まれた年俸なのかどうかという点もあまりはっきりしていません。

税金が抜かれた後の金額であれば、チームはそれ以上の額を払っているということになるので、とんでもない額になりますね・・・

 

何にせよ海外トッププレーヤーになると年間何十億の年俸まで上り詰めることが可能ということがわかります。

今回は載せていませんが、中国でプレーしている、元ブラジル代表の選手等は上記のトップレベルの年俸を貰っているとされます。

中国マネーも税金がかかることになり少し勢いがなくなりましたが、天井知らずの年俸なことは間違いないですね。

また日本のイニエスタを入れるとすると、年俸額はクリスティアーノロナウドの次という金額になります。

果たして真実は????(笑)

 

それにしても海外のトッププレーヤーと日本選手との差は当然ですが果てしないですね・・・(笑)

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

Jリーグ選手の年俸、海外日本人プレーヤーの年俸、海外のワールドクラス選手の年俸との比較も載せていきました。

サッカーや野球の歴史や背景が違うので、何とも言えませんが、個人的には今後Jリーグ選手の年俸はどんどん増えていくと思います。

そして海外に出ていく選手もどんどん増えていくと思います。

その中で年俸の格差はどんどん大きくなっていくことが予想されます。

当然海外でもビッククラブに移籍することで高額な年俸を得ていく選手はたくさんいるので、そういう風潮が日本でも出てくると思います。

 

(ただ日本の場合は、年俸が高い選手がたくさんいるからイコール強いとなっていない現状がありますが・・・)

 

いずれにせよ、日本にDAZNマネーが入ったので、上位チームが潤い、ビッククラブが誕生していくというのは流れとして自然なものになっていくと思います。

当然経営危機に陥るクラブも出てくるのは間違いないでしょう。

(2020年時点でも多くのクラブが負債を抱えているというニュースが出ています。)

 

今後選手の年俸がどのように変化していくのか、このブログでも追っていこうと思いますので、また興味がある方は是非ご覧ください。

またチーム別の年俸ランキングトップ5も載せてあります。

是非ご覧ください。

サッカー、野球、バスケット・・・様々なプロチームの選手の総年俸・平均年俸について~各リーグトップ5:2019年版~

 

DAZNではそんなサッカー選手の試合がたくさん見ることが出来ます。

Jリーグを始め、スペイン、イングランド、イタリア、フランスの試合が見られます。

もし検討している方がいれば、他のサッカーが見られるサイトとの比較もしているのでこちらも是非ご覧ください。

サッカー見るならどこで見るのが良い?DAZN・スカパー・WOWOWサッカー配信サイトを徹底比較 

また2020-2021シーズンから、欧州チャンピオンズリーグがDAZNで放送されないことが決まりました。

このままでは日本で見られなくなる?

と思ったのですが、全試合ではないですが、見られる方法がありました。

以下に載せてあるので、是非ご覧ください。

無料で見られますよ!

2020-2021シーズンのチャンピオンズリーグがDAZNで見られない???代わりに放送されるUEFA.tvとは???

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法ランキング にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です